よくある質問

1・PV施工技術者制度について

「PV施工技術者制度」とはどのような制度ですか?
一般住宅への太陽光発電システム設置の際に必要とされる施工者の基礎的な知識・技術につき、その習得レベルをJPEAが認定することで、業界全体の施工レベルを揃え、設置者が安心して工事を任せられるような施工技術者の確保・増員を目指し、ひいては太陽光発電のより一層の普及拡大や太陽光発電産業の健全な発展を図るものです。

ページの先頭へページの先頭へ

「PV」とは何を意味しますか?
「PV」は「PhotoVoltaic」の略で、「光電池」や「太陽電池」を意味します。

ページの先頭へページの先頭へ

「PV施工技術者制度」における認定試験とは、どのような試験ですか?
「PV施工技術者」の認定を受けようとする者は、原則としてJPEAから認証を受けた研修機関(認証研修機関)が行う、JPEAが認証したカリキュラムに基く研修(認証研修)を受け、認定試験に合格しなければなりません。
認証研修はJPEAから認証を受けたPVメーカーや研修教育機関が、以下の内容で実施します。
①座学講習
JPEA編集の『太陽光発電システム PV施工技術者 研修テキスト』に基づき、PVに関する基礎知識から施工時の注意点までを総合的に学習する。
②実技実習
模擬屋根を用いて実際にPVを設置することで、施工の基本技術を習得する。
③修了試験
研修の最後に筆記試験を行い、習得レベルの確認を行う。
一定水準の習得が確認できた者には、認証研修修了証を交付する。
認定試験は年間2回程度、全国5から10都市程度で実施する予定です。
受験頂ける方は、以下のいずれかに該当される方となります。
①JPEA認証研修機関で認証研修を修了された方
②各システムメーカー別の施工ID※を取得されている方
※施工ID:屋根への設置に関する"実技実習"受講を経ていない施工IDをお持ちの方は対象となりません。
※施工店ID、限定IDは対象となりません。
③J-cot平成23年度※「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」を修了された方
※ 実技実習を含んでいない平成21年度、平成22年度のJ-cot施工研修を受講された方は対象となりません。

試験内容はPV設置に必要な基礎知識全般とし、JPEA編集のテキストから出題します。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格は国家資格でしょうか?
いいえ、国家資格ではありません。本制度は経済産業省の協力を得て創設されましたが、あくまで、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が行う民間団体の任意資格です。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格を持っていると、どのメーカーのパネルも設置工事できるようになりますか?
本資格だけでは各メーカーのパネル設置工事を正しく行うことはできません。設置工事を正しく行い各メーカーの保証を受けるには、各メーカー発行の施工IDを取得する必要があります。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格を持っていなければ、設置工事や売電申請はできないのでしょうか?
この資格を持っていなくても設置工事や売電申請は出来ます。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格を持っていることで、どのようなメリットがありますか?
次の様なメリットを期待しています。
①設置者からみたメリット
認定証の確認等により、施工に関する一定の基礎的な知識や技術レベルを持つ者を容易に識別することができる。
②PV施工事業者からみたメリット
太陽光発電システムの施工に携わる者の基礎的な知識や技術のレベルを、今まで以上の水準で確保できる。
③PVメーカーからみたメリット
自社個別の内容に合わせた施工方法の研修に注力できるため、施工技術研修全体の効率化と技術水準の確保・向上が図られ、ひいては業界全体として良質な施工技術者の育成につながる。

ページの先頭へページの先頭へ

認定に有効期限はありますか?有効期限が切れた場合はどうすればよいですか?
認定証の有効期限は発行日から4年間です。認定を継続される方には有効期限内に更新研修(座学)を受講頂き、継続の為の手続きをとって頂きます。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格を持っていることにより、国からの補助が受けられるようになったりしますか?
そのようなことはありません。

ページの先頭へページの先頭へ

メーカーの施工IDとはどのようなものでしょうか?
太陽光発電システムを製造・販売しているメーカーは、自社の製品の施工技術者の育成の為に施工研修を実施し、一定レベルの技量をもつと判断された方々を認定しています。認定者には認定番号が付与されます。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格を持っていれば、メーカーの施工IDを得られるでしょうか?
この資格を持っていることで、メーカーの施工IDが無条件で付与されることはありません。

ページの先頭へページの先頭へ

メーカーの施工IDを取得するには、どうすればよいでしょうか?
施工IDを発行している企業にお問合わせください。JPEAの会員企業の場合、当協会のホームページのリンク集に一覧がございますのでご活用ください。

ページの先頭へページの先頭へ

受験資格となるメーカーの施工IDは外資系でもよいのですか?
日本の住宅への設置施工となりますので、日本において有効な施工IDであれば外資系であるか否かは問いません。

ページの先頭へページの先頭へ

太陽光発電システムメーカーによってはIDが数種類(販売店ID、施工ID、電気IDなど)ありますが、どのIDが受験資格になるのでしょうか?
認定試験の受験資格者は、モジュール設置の実習を伴う施工IDを取得されている方になります。

ページの先頭へページの先頭へ

メーカーの講習を修了しましたが、受験資格はありますか?
講習修了だけでは受験資格になりません。施工IDを取得することが必要です。さらに、太陽光発電システムメーカー毎に施工ID発行制度が異なりますので、発行された施工IDが受験資格のある施工IDに該当するか否かは、それぞれのメーカーにご確認ください。

ページの先頭へページの先頭へ

試験の開催頻度を教えてください
基本的には2回/年(前期と後期)実施することとしております。

ページの先頭へページの先頭へ

平成21年度と平成22年度のJ-cotの研修は、なぜ受験資格対象外なのですか?
平成21年度と平成22年度のJ-cotの研修では、研修項目にモジュール設置の実技実習がありませんでしたので、受験資格対象外としています。平成23年度はモジュール設置の実技実習を含んだカリキュラムでしたので、受験資格対象としています。

ページの先頭へページの先頭へ

平成21年度、平成22年度のJ-cotの研修を受けましたが、追加で実技実習のみ受けることはできないでしょうか?
追加の実技実習を行う予定はありません。

ページの先頭へページの先頭へ

今後、J-cot「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」を新たに開催する予定はありますか?
平成23年度でプログラムは終了しており、新たに開催することはありません。「PV施工技術者制度」に移行しました。

ページの先頭へページの先頭へ

この資格は住宅用以外の産業用の太陽光発電システム施工にも適用されますか?
「PV施工技術者制度」は住宅用の太陽光発電システム施工に関する制度です。産業用には適用されません。

ページの先頭へページの先頭へ

電気工事士の資格を習得していますが、受験資格はありますか?
電気工事士の資格では受験資格はありません。前述のとおり、3種類の受験資格がありますので、ご確認ください。

ページの先頭へページの先頭へ

住宅用ではなく公共用(メガソーラー)のPV設置に長年従事していますが、受験資格はありますか?
受験資格はありません。前述のとおり、3種類の受験資格がありますので、ご確認ください。

ページの先頭へページの先頭へ

『太陽光発電システム PV施工技術者 研修テキスト』はどこで購入できますか? 書店での取り扱いはありますか?
JPEAホームページの図書刊行物の項(http://www.jpea.gr.jp/profile/books/index.html)でご購入頂けます。書店での販売は行っておりません。

ページの先頭へページの先頭へ

2・認証研修機関について

JPEA認証研修機関について教えてください。
JPEA認証研修機関とは、「PV施工技術者制度」の中で決められた施工技術者教育の為の認証研修を実施することをJPEAが認めた企業・団体です。

ページの先頭へページの先頭へ

JPEA認証研修機関に認められている企業・団体を教えてください。
当ホームページに一覧がございますので、ご確認下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

JPEA認証研修機関での認証研修の研修日数・費用はどのくらいですか?
認証研修は①座学10時間以上、②実習7.5時間以上 と規定し、約3日間の研修日程です。 但し、それぞれの認証研修機関毎にカリキュラムが異なりますので、詳細は認証研修機関に確認してください。また、費用に関しても認証研修機関に確認してください。

ページの先頭へページの先頭へ

JPEA認証研修機関で受講するのに、何か資格・経験は必要でしょうか?太陽光発電システムの設置工事に関して、経験がなくても良いでしょうか?
受講に際しての特別な資格は必要ありません。認証研修は基礎技術の習得を目的としていますので、経験のない皆様にはこの研修を受講されるよう推奨します。

ページの先頭へページの先頭へ

3・試験や申込について

試験の過去問題集や例題はありませんか?
過去問題集や例題はありません。

ページの先頭へページの先頭へ

試験はどのような出題となりますか?
『太陽光発電システム PV施工技術者 研修テキスト』から出題されます。
試験内容はPV設置に必要な基礎知識全般であり、以下の様な内容が含まれます。
  • ① 太陽光発電の施工全般の知識
  • ② 太陽光発電の基本知識
  • ③ 各種太陽電池の特性
  • ④ 取り付け構造や電気などのシステム設計の手法
  • ⑤ 周辺機器の構造
  • ⑥ 屋根部材の種類や工法
  • ⑦ 主要関連法規(建築基準法、電気事業法、労働、安全衛生法等)
  • ⑧ 現場調査
  • ⑨ 系統連系手続き
  • ⑩ 安全管理 

ページの先頭へページの先頭へ

実技試験はありますか?
認定試験は筆記試験(マークシートによる5肢択一形式)で行われ、実技試験はありません。

ページの先頭へページの先頭へ

試験は何問ですか?合格点は何点でしょうか?
試験問題は50問であり、60点以上が合格となります。

ページの先頭へページの先頭へ

試験時間は何分ですか?
試験時間は100分間です。

ページの先頭へページの先頭へ

受験票に添付する写真と提出する写真は、全く同じでなくてはならないのでしょうか?
同じ写真を使用して下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

試験当日、事前講習会はありますか?
事前講習会は行いません。当日は試験のみとなります。
制度の概要についてはこちらをご確認下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

受験料、認定料は一括で振込できますか?
一括振込をご希望の方は、申請書をダウンロードし、必要事項ご記入の上、FAXまたはメール添付にて【事前に】当協会までご送付ください。送付後、ご入金をお願いいたします。
認定試験:申請書ダウンロード
認定登録:申請書ダウンロード

ページの先頭へページの先頭へ

受験申込等に関して、次の様な場合はJcotに連絡してください。

  • ●受験申し込みをしたが受付完了メールが届かない
  • ●受験票が届かない
  • ●受験票を紛失または破棄してしまった
  • ●申込みとは別の地域の試験会場で受験したい

ページの先頭へページの先頭へ


ページのトップへ